FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国のお葬儀

春はどこにいったの?とでも言いたくなるような暑い日が続いてますね(´・ω・`)
私は汗っかきなので、これからが大変な時期になります(笑)4b30b939f67a9655f53bd9b7cf693db0.png



先日休みの日、特にすることもなかったのでタブレット端末で映画を見ていました。
今はポンとタブレットを叩けば古い映画なら見放題という便利な時代になりましたね^ ^ 私も寝台当番の日や休みの日に重宝してます。

タイトルは失念しましたが、アメリカの古い映画を見てたところ、お墓でお葬儀をしているシーンがありました。
無題


そういえば日本の葬儀のことは分かるけど、外国の葬儀ってどんなんやろ?と疑問に思ったので、今回は外国の葬儀について調べてきました。


⚪︎香典はない?koudenn.png

最近は日本でも少なくなってきた香典ですが、アメリカには香典はありません。かわりにメッセージ付きのお花を贈ったり、故人や遺族が希望する慈善団体へ寄付をするといった習慣があります。
送り先は遺族に聞いたり、新聞の訃報広告に記載されていたりします。日本では一般人が訃報広告を出すことはほぼありませんが、アメリカでは遺族が訃報広告を出し、そこに葬儀場所から慈善団体への寄付方法まで記載されています。

⚪︎通夜はある?
日本のように儀式めいたことはありませんが、アメリカでは通夜にあたるものを「Viewing(ビューイング)」と呼び、故人の顔を見たり遺族と話したりします。
その際の服装は日本のように黒一色である必要はなく、仕事帰りに寄ったりするのでフォーマルな服装であることがほとんどだそうです。葬儀も遺族と葬儀屋以外は黒である必要はないらしいです。

⚪︎火葬?埋葬?
日本では99%が火葬ですが、アメリカでの火葬は約40%程度だそうです。
アメリカでは約70%がキリスト教を信仰しており、信仰の中に死者の復活というものがあるから今でも土葬が多いそうです。ちなみにご近所の韓国で49%、中国で67%だそうです。
葬儀場所も教会や墓地で行われることがほとんどです。
冒頭に話した映画のワンシーンは宗教上の理由で葬儀シーンを端折った訳でなく、あれが葬儀シーンなんだなと理解しました。
また訃報広告に記載がない限り会葬者も埋葬に参加できるみたいですよ。cemetery-1451124_960_720.jpg



会館の前を通る外国の観光客の方にあれは何をしているんだ?と質問されることがたまにあります。所変われば品変わるという言葉があるように、国や宗教が変わればガラリと変わるものですね。

また一つ勉強になった森口でした。
スポンサーサイト
Category: 豆知識

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。