スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水無月といえば・・・

六月も後半に入り、夏の暑さもじわりじわりと迫ってきてます。
gatag-00013550.jpg

六月は水無月とも言いますね。
水無月といえば、あの和菓子・・・
20120611BE.jpeg
を思い浮かべてしまいます。(花より団子ですみません)
京都では、6月30日は水無月を食べる日だそうです。これを食べないと6月を終えられないという人もいるほど!
神事で1年の折り返しにあたるこの日に半年の身の穢れを払い、
残り半年の無病息災を祈願する「夏越祓」(なごしのはらえ)が行われます。
神社などではよく茅の輪を見かけますよね。
茅の輪をくぐり、身も心も清めて、あとの半年を無事に乗り切れるようにとお願します。

この水無月の上の部分に小豆が乗っていますが、これは
小豆の色が赤色なので、悪魔祓いや災厄を防ぐ意味があり、
三角の形は昔は貴重とされていた氷を表しているそうです。
6月30日に水無月を食べると、厄除けになり夏の病気にかからないといわれています。
残りの半年を健康で無事に過ごせますようにと願いながら、ぜひ水無月を召し上がって頂けたらと思います。
和菓子屋さんの宣伝みたいになってしまいました(笑)

甘いものが大好き 博善社 小倉


30.jpg
スポンサーサイト
Category: 豆知識

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。