スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ならまち本店 「のれん」ついに完成!!

紅葉にはまだ早いですが、秋も深まってまいりました。

さんまや まつたけ くりなどbdfestival1.gif

秋はおいしいものがたくさん!

これから楽しみですね




博善社が創業から現在まで受け継がれてきた専門的な技術や知識はもちろんですが、

未来に向けて、新しい取り組みをと、日々スタッフ全員で模索しております。

そして一つの案が・・・ついに完成しました!


002_20151014153709fb5.jpg
博善社 ならまち本店の「のれん」です!
ならまちらしい色と文字にこだわりました。

ならまちの町屋のような雰囲気に近づけたでしょうか~

671250010d86c2c2f15ab9e4453a31ec.png
ちょっとした豆知識として
のれんの語源について調べてみました。

のれん(暖簾)は、禅宗のお寺の禅語「のうれん」 からだそうです。
中国の禅堂で防寒のために綿布を重ねたものをさす言葉で、
鎌倉時代に日本にも伝わり、呼び名が定着したそうです。

それ以前にも日よけや風よけとして日本でも使われていましたが、
その時は帷(かたびら)や帳(とばり)などと呼んでいたようです。

家紋を入れるなど看板として広まったのは、室町時代から。
現在のように文字を入れるようになったのは江戸時代になってからみたいです。
671250010d86c2c2f15ab9e4453a31ec.png

ちょっとしたお料理屋さん・・・みたい?
005_2015101415371246b.jpg



個人的には

ならまちの庚申さんの身代わり申をつけたらより、ならまちの町屋っぽくなるかも…なんて

mal-ode-nara-shiryokan-main.jpg

うっかり観光客の方がお見えになりそうですね



30.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。